スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「開国博の補助金違法」住民提訴へ=中田前市長に78億円請求-横浜(時事通信)

 横浜市で昨年4~9月に開催されたイベント「開国博Y150」を主催した横浜開港150周年協会に補助金を交付したのは違法として、かながわ市民オンブズマン(代表幹事・大川隆司弁護士)など2団体が23日、交付を決定した中田宏前市長に約78億円の損害賠償を請求するよう同市に求める住民訴訟を横浜地裁に起こす。22日、同オンブズマンが明らかにした。
 開国博は有料入場者数500万人を見込んだが、実際は4分の1の123万人にとどまり、約23億円の赤字が予想されている。 

あの小野田さん、記念碑建立で故郷に錦(読売新聞)
医療器具販売会社に破産開始決定―東京地裁(医療介護CBニュース)
前原氏の辞意を否定=政府高官(時事通信)
毒ギョーザ事件、日中警察会議始まる(産経新聞)
恩讐超え橋下知事と連携 今夜発足「維新の会」(産経新聞)
スポンサーサイト

日本の人口、2年連続減…本格的減少時代へ(読売新聞)

 総務省が16日に発表した2009年10月1日現在の人口推計によると、日本の総人口(日本人と外国人の合計)は1億2751万人で前年比18万3000人減となり、2年連続で減少した。

 減少幅は比較可能な統計が残っている1950年以降で最大となり、同省は「本格的な人口減少時代に入った」と分析している。

 出生者数から死亡者数を差し引いた「自然動態」では、女性が初めて、死亡者数が出生者数を5000人上回る自然減少となった。男性は5年連続の自然減少(5万4000人減)だった。

 入国者数から出国者数を差し引く「社会動態」では、外国人が94年以来、15年ぶりの減少に転じた。減少幅は4万7000人で過去最大だった。同省は08年秋の世界的な金融危機を受け、ブラジル人などの帰国が増えたと見ている。

 都道府県別人口では、増加したのは7都県で、沖縄県の増加率が0・45%で最大。減少したのは40道府県で秋田県の減少率が1・10と最大だった。

 人口推計は前年10月から1年間の動きを調べた。

胴体も女性会社員と確認=福岡県警(時事通信)
キトラ古墳 壁画を精巧に再現した陶板公開 展示も(毎日新聞)
中国での消化器領域のラインナップ強化へライセンス契約―エーザイ(医療介護CBニュース)
山崎さんシャトル、帰還へ=米ケネディ宇宙センター(時事通信)
2.2万人を導く 世界初「盲聴導犬」訓練中、滋賀の聴覚障害者施設(産経新聞)

山本一太氏、町村派退会の意向表明(産経新聞)

 自民党の山本一太参院議員は15日午前、記者団に対し、所属している町村派を退会する意向を表明した。同日中に退会届を出すとしている。

【関連記事】
与謝野氏除名の可能性 谷垣氏、舛添氏への批判も
「八方ふさがり」の舛添氏 人気者との連携に活路を求めたが…
「衆参ダブル選の可能性高い」と石破氏 「たちあがれ日本」との連携も模索
小沢氏、止まらぬ“剛腕” 地方の乱&支持率急落も無視! 
亀井氏「山崎氏にお願いしていない」 毎日新聞報道を否定

ネット選挙 民主、解禁へ着々 参院選対策 動画充実で攻勢(産経新聞)
亀井氏「外国人参政権付与は日本滅ぼす」(読売新聞)
<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も-兵庫県立大(時事通信)
M・ジャクソン財団とソニー、史上最高225億円契約

「自民党さん」に垣間見える鳩山首相の心理(産経新聞)

 「自民党さんも大変だなあ」という鳩山由紀夫首相の発言が先週、政界でちょっとした話題になった。この発言の経緯を振り返ってみたい。

 平沼赳夫元経済産業相や与謝野馨元財務相らによる新党「たちあがれ日本」が10日に旗揚げした。新党は「打倒民主党」を掲げているが、新党参画のために自民党を離党した与謝野氏らの行動は、自民党にもある程度のダメージを与えた。その1週間前の4月3日、与謝野氏が自民党離党届を提出した際、鳩山由紀夫首相は次のようにコメントした。

 「自民党さんも大変だなあと思いますが、これはそれぞれの政治家が政党活動をするというのは、それは一人一人の信念の話ですから、私、今の立場からコメントすることはありません」

 「自民党さんは」ではなく、「自民党さんも」と言っているあたりは、やはり「政治とカネ」の問題や米軍普天間飛行場移設問題で揺れる「鳩山内閣も民主党も」大変だという意味が込められているようで、意味深長ではある。ただ、ここでは、鳩山首相が発言の中で、「自民党」と呼び捨てにせず、「自民党さん」と言っている点に注目したい。

 さかのぼって、3月15日に実弟である鳩山邦夫元総務相が自民党を離党した際にも、鳩山首相はこんなふうに感想を述べた。

 「自民党さんも、いろいろとご苦労されているなあと…そのような思いはあります。(中略)自民党さんがこういう状況になるということは、これは民主主義の中でどのように考えていけばよいかと…」

 鳩山邦夫氏と与謝野氏の離党という自民党にとっての重大局面にあたって、鳩山首相は自民党を「さん」付けで呼んだ。これに対して、自民党内からは、「自民党を馬鹿(ばか)にしていることの表れ」という批判の声も上がったし、「余裕たっぷりのコメントだけど、首相の方こそそんな余裕をみせている場合なのか」と反論の声も出た。

 たしかに、「自民党さんも大変だなあ」という言葉は、他人を馬鹿にしたような感じに聞こえなくもない。自民党をからかっているようでもある。言われた自民党の方が不愉快な気分になるのも分かる。

 そこで、鳩山首相がこれまで自民党のことを何と呼んできたかを調べてみた。すると、鳩山首相はかなりの頻度で「自民党さん」と呼んでいたことが分かった。自民党を批判するときだけではなく、普通に呼びかけるようなときにも、よく「自民党さん」という言葉遣いをしている。

 そうしてみると、鳩山首相は自民党に敬意を表して「さん」を付けているのか。これも「友愛」精神の表れなのだろうか。それとも、単に言葉遣いがていねいなだけなのか。

 「自民党さん」と呼ばれた自民党議員たちが、「からかわれた」と感じてしまったのは、やはり自民党側に「追い詰められている」という気持ちがあったからこそであり、だから首相発言が癪(しゃく)に障(さわ)ったのだろう。逆に鳩山首相の方はどういうつもりでこう言ったのか。自民党に対してわざと当てつけで言ったのではないとすれば、鳩山首相という人は、こういう言い方をしたら相手がこう思うだろうということについて、無頓着な人なのかもしれない。(五嶋清)

◇…先週の永田町語録…◇

(5日)

 ▽ブラックボックス

 鳩山由紀夫首相 政権を取る前と取ってからの現実。政権の中にいて、政府の状況が今まではブラックボックスであったものの中が見えてきた。(参院選マニフェストをめぐり記者団に)

 ▽魔法の接着剤

 自見庄三郎国民新党幹事長 政権は魔法の接着剤。意見はいろいろあるが、小異を捨てて大同に。そう簡単にばらけないと思っている(新党結成に向けた動きが連立政権に与える影響について記者会見で)

(6日)

 ▽父親譲り

 亀井静香郵政改革担当相 街頭演説のように人の心理をくすぐるところはうまい。おやじ譲りだ。でも中身はないわな。(自民党の小泉進次郎衆院議員の委員会質疑について記者会見で)

 ▽ポスト欲しさ?

 谷川秀善自民党参院幹事長 執行部を入れ替えたって、1カ月ほどしたらまたいろんな話が出てくる。「執行部刷新」と言ってる人は結局、役職が欲しいだけだから。(党内の執行部刷新要求に関し記者会見で)

(7日)

 ▽指揮官なき船団

 鳩山由紀夫首相 政治が先頭に立ってビジョンを示さなければならなかった。指揮官がいなければ、国家公務員の船団は何をしていいか分からない。(自公政権下の政治と官僚の関係について国家公務員合同初任研修の開講式訓示で)

 ▽影が薄い

 谷川秀善自民党参院幹事長 影の薄い「影の内閣」だと言われている。そうではないように、しっかり取り組まないといけない。(自民党が発足させた政権力委員会について参院議員総会で)

(8日)

 ▽軸は守る

 鳩山由紀夫首相 国民の意思をしっかりと承りながら検討することが大事ではないか。軸は守る必要があろうかと思いますが。(参院選に向けたマニフェスト見直しについて記者団に)

 ▽われわれ元気

 藤井孝男元運輸相 どうぞおっしゃってください。元気なわれわれ、失うものはない。一向にわたしどもは気にしておりません。(新党に参加するメンバー5人が高齢だとの指摘に対して記者団に)

(9日)

 ▽互いの協力で

 鳩山由紀夫首相 お互いの協力の中で難しい問題があっても解決していこうとか、いろいろ議論したい。(訪米時の胡錦濤中国国家主席との会談について記者団に)

 ▽自民党が補完

 渡辺喜美みんなの党代表 みんなの党案を自民党がパクッた。(みんなの党は)自民党の補完勢力にはならないが、自民党がわれわれの補完をしてくれるというなら大変結構だ。(自民党との公務員制度改革法案共同提出について記者会見で)

【関連記事】
平沼氏「民主政策集は売国的な法案の羅列」
「たちあがれ日本」結党 打倒民主で政界再編
「時計の針戻さない」 首相、新党旗揚げに
首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで
仕分け第二弾 民間仕分け人31人内定 外国人は除外
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<皇室>悠仁さま、お茶の水女子大付属幼稚園に入園(毎日新聞)
大阪市交通局、バスでも問題多発…大半未公表(読売新聞)
3人に1人、うつ傾向=加害者家族「事件話せない」-初の実態調査、仙台のNPO(時事通信)
「玻は平易な文字でない」最高裁、出生届認めず(読売新聞)
両親殺傷 容疑で無職の23歳男逮捕 北海道・北見(毎日新聞)

日本の高校生「授業・宿題以外勉強しない」 米中韓に比べ突出(産経新聞)

 日本の高校生は、中国の高校生に比べて授業・宿題以外の勉強をしない-。こんな内容の調査報告書を、文部科学省など所管の財団法人「日本青少年研究所」などが7日、公表した。日中に加え韓国、米国の計4カ国の高校生にアンケートを行った結果、日本は「授業と宿題以外の勉強をしない」「授業中は居眠りをする」と答えた高校生の割合が突出して多かった。同研究所は「日本の高校生は勉強への意欲が低いのではないか」と分析している。

 同財団などは昨年6~11月、4カ国の高校生計6173人に対してアンケートを行うなどし、調査結果を「高校生の勉強に関する調査報告書」としてまとめた。

 報告書によると、授業・宿題以外の勉強を「しない」と答えた高校生の割合は日本がトップ。高1で38・3%、高2で34・9%、高3で28・9%に上った。一方、中国では7・7~5・3%といずれも1割に満たなかった。米国では27・1~16・1%、韓国は21・8~11・4%と中国よりは割合が高かったが、日本よりは低かった。

 「授業中、居眠りする」と答えた高校生も、日本が男女ともに40%超(男子48・9%、女子41・7%)でトップ。韓国(男子31・6%、女子33・1%)、米国(男子26・3%、女子14・7%)が続き、中国(男子6・1%、女子3・4%)は最も低い。

 日本は「試験前にまとめて勉強する」という高校生が多く、「自分で調べよう」「ほかの方法でもやってみよう」という意識が希薄という結果が出た。ただ、大学受験を控えた高3だけは授業・宿題以外で勉強する高校生も多いようで、「3~4時間」「4時間以上」という回答が23・3%。「超学歴社会」と呼ばれる韓国(33・1%)に次いで多かった。

 同研究所は「日本は与えられたこと、目前に迫った課題に向かってしか勉強しない高校生が多い」とみている。

【関連記事】
【日本の議論】「理数離れ」はどうなった?
「努力報われる」半数に満たず 格差拡大 大学生冷めた見方
現役世代、母子家庭…教育にかけるそれぞれの思い
橋下流2年 試行錯誤の学力対策、現場とズレも
学生、親子連れも…事業仕分け最終日は入場制限

<出入国管理基本計画>「外国人活用」議論の必要性盛り込む(毎日新聞)
会合出席者などにもさまざまな思い 名張毒ぶどう酒事件(産経新聞)
鳩山首相、郵政改革案は「唯一のやり方だ」(産経新聞)
<足利事件>栃木県警が会見「改めておわび」(毎日新聞)
普天間移設で詰めの協議=首相と関係閣僚が会談(時事通信)

週内にも特区の実態調査へ―枝野担当相(医療介護CBニュース)

 枝野幸男行政刷新担当相は4月1日の記者会見で、「私自身が現場に出向いて実情を把握し、それを踏まえた規制改革や特区についての(問題)提起をしていきたい」と述べ、週内にも特区に関する実態調査を行うことを明らかにした。

 枝野担当相は過去の特区申請について、「現在進行形で各省折衝を政務官レベルぐらいまででやってもらっている」と、見直し作業を行っている現状を説明。近く結果を公表する考えを明らかにした。また、今後の特区の対象として医療や介護を例示した上で、「先行事例をつくっていく観点から、特区だけでなく、場合によっては規制改革そのものについても積極的に打って出たい」と述べ、各地域で包括的に規制を緩和する「スーパー特区」の必要性を示した。


【関連記事】
混合診療全面解禁「慎重な議論が必要」-長妻厚労相
「消費者、患者の観点で規制見直しを」-行政刷新会議分科会が初会合
仕分け可能性の高い公益法人、来週にも選定―枝野担当相
省内事業仕分け、公開へ―厚労省
仕分け第2弾の公益法人選定、「なかなか難しい」―枝野担当相

与謝野氏らとの連携否定=「コップの中の争い」と静観-民主(時事通信)
【話の肖像画】KYバンザイ!(上)医師・鎌田實(産経新聞)
無資格で会社分割を提案 弁護士法違反の疑いで、コンサル会社など家宅捜索(産経新聞)
三原じゅん子、8日に“自民党デビュー”(スポーツ報知)
<中国毒ギョーザ>「さらに究明を」首相が談話(毎日新聞)
プロフィール

Author:はなだひろはるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。